FC2ブログ

Latest Entries

SHM-CDなるものがあるらしい

※羽さんは音楽マニアじゃないので、音楽知識には疎かったりしますし、糞耳の持ち主ですのでご注意下さい。

Google Reader使ってたらいま手に入る“高音質CD”「SHM-CD」を聞き比べるとかいう記事が流れてきた。

で、ざっと読んだ感じ、プラシーボっぽい。 それか、「うちのCDはとっても質が悪いですよ」っていうメーカの自虐か、「うちのテスト環境は劣悪ですよ」っていう筆者の自虐かもしれないけれども。 それどころか、もしかすると「普通のCDにはわざと劣悪な音を記録してやる」っていう宣言なのかもしれない。

とにかく、CDという規格自体がデジタルデータの保存で、メディアとデータとは(理想的には)独立して考慮されるべきものなのだから、普通に考えれば、CDだろうがDVDだろうがブルーレイだろうが、それどころか紙だろうが石版だろうが、どんなメディアに保存しようがデータが同一なら音は同一でなければならない。 同じデータを保存したにもかかわらず異なる音が出るというのなら、それはメディアの劣化や読み取り機器によるエラーでしかあり得ない。 これはもう理論としてそうなのであって、メディアによってデータそのものが影響を受けるというならば使うHDDやメモリによってプログラムの挙動が変わるという妄言を肯定しなければならない。

SHM-CDは比較に出ているDVDオーディオとかとは違って、単にメディアが高品質なだけの、データとしては従来と変わりないCDでしかないはず。 まあ、不可聴域を記録したからといってDVDオーディオとかで「がくぜんと」するような差が出るのかどうか疑問もあるけれども、その辺は素人のしの字も知らないような感じなので何も言わないでおく。

当然その辺りのことは記事にも書いてあって、「情報の欠落をできるかぎり回避する1つの手段」と書いている。 だったら、まずは優位性を主張するためにやるべきことがあるはず。 つまり、データとして比較すればいい。 一致であれば完全なプラシーボ、全く異なっているならばそもそも原音が違う、適度に差があってはじめて優位性を主張出来る可能性が見えてくる。 でもまあ兎に角、相手の言い分、多少のエラーによる音の違いを認め、その差が「がくぜんと」するようなものだったとする。 だとすると、ほんの僅かに埃が付いたり、製造年月日が違ったりすることによって「がくぜんと」するような差が生じる事もあり得るんじゃないか。 「このCDの音質保証は○年×月迄です」とか「このCDは○回の再生まで音質保証致します」とか書かれるわけだ。

あと、CCCDという規格があったけれども、あれは確かエラーを意図的に引き起こすような仕組みだったはずなので、レーベル業界はSHM-CDを認めるということは、「レーベル業界は「がくぜんと」するような音質劣化を引き起こすことを理解していてCCCDを採用した」、すなわち、「意図的に「がくぜんと」するような低音質CDを販売していた」ということでもある。

こんな風に怪しい感じ満載なので、筆者やメーカはもっと科学的に納得出来る説明をして欲しいな、と思った。

日立 in ワイヤレスジャパン

追記:
 ワイヤレスジャパン2008の日立製作所のブースにはメイドさんのコスプレをした可愛い女の子が2人もいて異色を放っていた。日立製作所はたしか携帯メーカーとして端末提供をしていたはず なのに、何故かこの展示会には小さいサイズでのブースしか出しておらず、携帯そのものの出展も無かった。経費削減の折りということなのだろうか、松下、NEC、サムソンなどが大型ブースを出して大々的に端末を並べているのとは対照的だった。

とのこと。

さすが日立。 いつも微妙なところを突いてくる。

というか、携帯の出展も無かったって、一体何しに行ったんだ日立。 WOOOケータイとか大々的に宣伝してたじゃん……。 「タッチパネルは画面が汚れるから……」とかいうお話は、マーケティング的には極めて微妙な気がしないでもないけれども、職人気質発言な気がして好感度高かったんだけどなあ……。

あと、元記事には電脳フィギュアの話も書いてあるけど、ARでARisっていうのは兎に角、アリス繋がり(日立のディスプレイ技術にALISってのがある)でさりげなく日立を絡める辺り、ブロガーとしての格が違うと痛感させられるのであった。
でも、ARisよりもAR初音ミクの方が魅力的だと思うのは私だけでしょうか?

思想十字軍

そうですね。 アニメキャラを愛しているなんて異常ですね、異端ですね。 私らがいるから秩序が乱れて、この世界の平和が崩れるんですね、わかります。

市民の平和という正義のためには、異端は滅ぼさなければなりませんね。 正義のためには異端思想はジェノサイドしなければなりませんね。

無関係な消費者から課金しなければ維持できない文化など滅びればいい

議論とかそういうのは幾らでもやってるサイトがあるので書かないよ。 ムカつくので心情だけ書くよ。

著作者団体とやらの見解がムカつくったらありゃしない。 「我々は消費者重視」だの「文化を守るため」だのと綺麗事言ってるけど、要するに「消費者(から金を取ることを)重視」、「(我々が甘い汁を吸える)文化を守る」って言ってるだけじゃないか。

彼らの言葉を拾うと、こうなる。
「DRMはイヤだ。でも、DRMが無いと管理できないから、補償金を取ろう」
そして、消費者を重視していることの根拠としては
「補償金は実質的にメーカーが支払っている」
ときた。 メーカーの金は、じゃあ何処から湧いて出てくるのか。 消費者が機器を購入した金だ。 だから、現状、どんどんグレーな使い方して使い倒した方が得で、慎ましく使う程損をする。 管理は出来てないし、補償金は(機器毎に)一定だから、どんな方法であれ使い倒した方が得だ。 こういう状況にしておいて、消費者性悪説を唱える。 悪い方が得をするなら、利用者は、悪いことをするか、愛想を尽かしてしまうに決まってるのに。 正直者だけが馬鹿を見るなら、詐欺師になるか、関わり合いにならぬことを選ぶかしかないじゃないか。

彼ら著作者団体はJEITAのことを散々悪し様に言っているが、私にはどうも、彼らが、色々と難癖付けて電機業界にたかるハイエナの如きものとしか見えない。 まあ、ハイエナの場合は、鳥が飛ぶのと同じように、単にそのように進化した生物というだけなので、条件が彼ら団体とは全く違うのだけれども。

(本当は、私はDRM反対派なのだけれども……適正な課金を可能とするDRMと、不当な課金を行う法となら、DRMの方が良いに決まってる。個人的に、今一歩現状のDRMに不満なのは、クラッシュその他の事情による損失の対策が取れないということ。例えば、コピーは出来ないけれども自由に見ることが出来、データ保証をしてくれるようなオンラインサービスなんかがあったら良いのにと思ったりする)

そして、文化。 文化を守るだの何だのと言っているが、滅びるほどに必要とされていないような文化であれば滅びればいい。 必要だという人がいるなら、その人が勝手に保護すればいい。 ある文化が消えたところで別の文化が生じるだろう、ある文化が居座っているせいで、芽を摘まれる文化もあるだろう。 滅びゆく文化に関わる人々はどうぞ路頭に迷ってください。 存続可能な程度にさえも支持されないのだから、仕方が無いと諦めて路頭に迷ってください。
こんな風に書くと血も涙もない奴と思われそうだから一応書いておくと、関係者の生活のために金を出す必要があると考えているのなら、その博愛心をもっと他の業界にも向けて欲しいと思う。 必要とされなくなって消えていった業界、企業、人など、幾らでも見つかる。

纏めてみると、こんな感じ。
さっさとDRM導入して補償金撤廃しろ、それで衰退するならその程度の文化だったに過ぎない。

30Girlって良いよね

(※残念ながら羽は熟コンではありません。念のため。どちらかというとベアード様に怒られてしまうタイプの人間です)

オイダキ.コムのエコキュートのページにコミックがアップされるのを今か今かと待っているのだけれども、未だにComing Soon...。

日立って、日本屈指の大企業で民生品作ってるのに、やたら地味ーだったり、かと思えば「この木何の木」(日立の樹)とか通天閣とかで有名だったり、サーティーガールなんかの萌えブームにあやかったような、そうでないような微妙なイメージキャラクターを採用したりして、正直よくわからない会社だよね。 だからこそ好きなんだけれど。

携帯電話はもっと人体に親和すべき

意識調査:1時間以内に返信が無いと不安…5人に1人がメールに依存」だそうだ。 何でも、返信待ちが「10分以上で不安になる」人が2.1%もいるらしい……他にやること無いのかよ、どんだけ寂しがりやなんだよと言いたくなる。

まあ、メールコミュ自体、私自身にはあまり縁がないので、考え方が違っていて当然なのかも知れない。 ここ1ヶ月の自分送った私用メールを分類してみると、こんな感じ。

  • 親:3
  • 友人:0
  • その他:0

……携帯電話、要らないかもわからんね。 料金高いし、Androidケータイなかなか出ないし。

それは兎に角、これほど短時間での返信を求められるんじゃ、それこそ携帯を肌身離さず持ち歩いて、いつでも対応出来るように常に注意を払わないとやっていけないんじゃないだろうか。 ちょっと近くのコンビニに買出しに行くときなんて当然で、それこそ、トイレに行くときも、風呂に入るときも、いつでも持ち歩く必要があるんじゃないだろか。

そんな風に考えていたら、携帯と人体の融合を考えるべきじゃないかと、思ってしまった。 それか、服なんかと同じように、もっと人体にフィットするような機能的形状とするとか。 そんな風に身体の一部か、それに準じるような状態におく必要があるんじゃないだろうか。

じゃあ、具体的にどんな感じの形状になるのか……というと、人体改造はちょっと先の未来には訪れそうもないし、たぶんこんな感じが理想じゃないかな?

ToHeartのセリオさん
(アイコンはすたじお いのPさまより転載)

……当り前だけど、ガイノイド作れって意味じゃないよ。 それじゃちょびっツだし、それなら琴子が良い。 ドラゴンフライ氏はちぃを誘拐しただけあって、わかっていらっしゃる。 ああ、はやくガイノイド作ってくれないかな……。
とかいう話は置いておき、注目すべきは耳です、セリオ耳。

何でマルチじゃないかというと、単に私がセリオ好きだから……じゃなくて、頬の辺りまで機械部が突出していて、電話としての機能に優れるから。 これなら、今や当前のように利用されている音楽プレーヤにもなるし、GPS等を利用した音声サービスを行う上でも便利だ。 そして何より美的にも申し分ない……と思うのは、オタクだからなのでしょうか?

いやいや、古来より人は頭を鮮やかな羽根で、冠で、帽子で頭を飾り立て、チョンマゲやらザビエルヘアー、モヒカンなどの奇抜な髪型を生み出し、現代にあってはネコミミモードなぞやらかして欲情している種族、恐らく本能的な欲求の一部をなすに違いないのだ。 そもそも人間の体毛の多くは消滅傾向にあるにも関わらず、頭髪(あと局部)だけはもっさりして、他の猿よりも遙かに発達しているじゃないですか。 しかも、金髪だとかの目立つ色合いに進化しちゃったコーカソイドみたいな亜種まで居る始末なのだから、これはもう、頭の美は人類本能に刷り込まれた美的感覚の一部で、性淘汰によって明確に分化してしまうほどに強烈なものだと考えて良いんじゃないだろうか。

というのも置いておき……

メール出来ないじゃないかって?
確かにその通り。

そこでウデンワですよ!

ウデンワは確かにネタにしか見えなかったけれども、腕時計兼携帯電話というのは、個人的にはかなり良い線行ってると思うんです。 だって、腕時計は、少なくとも携帯よりは身体に馴染んでいる機械だし、携帯で置き換えることも不可能じゃないから。
でも、通話姿勢が限りなくキモかった。 「少しも変じゃない。オカマの人はよくこうやっている」って、オカマの人には悪いけれども、フォローになってませんから!
そこで、無線を駆使して操作・表示端末部分と通話端末部分を分離する。 セリオ耳+ウデンワ。 もちろん両端末は独立させ、自由な組み合わせで楽しめるようにする。 分離なんて信じられないと思うかも知れないけれども、服装だって本来、機能からいえば、全身タイツみたいに、シャツとズボンがくっ付いていても良いはずだし、ノートPCは、本来別々だった機器を組み合わせて一つにしたもの。 今一つだからって、分離しちゃいけない理由はない。 それに、こうすればウデンワのキモい通話姿勢は解消されるし、通話部は耳にフィットしてるので、通話中も両腕が自由に使える。 ただ、誰も居ない空間とお喋りする姿は、慣れるまで不気味に感じるだろうけれど。
開き方は、オリジナルウデンワみたいに腕に沿って開くんじゃなくて、たぶん、腕に対し垂直が良いだろうね、腕に乗せたモバイルPCを操作してる感じになる。

ロリコンの生物学

元ネタになった文献はちょっと失念してしまったけど、確か、ドーキンス本の翻訳なんかで有名な生物学関係の日高氏あたりが書いていたように思う。

まずは、蝶々の話。

子供の頃に野原を駆け回った人ならもしかすると憶えているかもしれないが、モンシロチョウは草原の低いところをゆらゆらと飛行し、アゲハチョウは、比較的高い木や草を足早に渡るように飛ぶ。 何故こうした違いが生じるのかというと、日高氏曰く、彼ら蝶々の生活の仕方、特に、幼虫期を過ごす場所なんかの影響が強いのだという。

生物は、より多くより良い子孫を残すことを使命とする(遺伝子なんかを考えると、もっと複雑だけれど、とりあえず今は無視する)。 蝶々も当然子孫を残そうとするわけで、異性を探して飛び回ることになる。
ここで、蝶々の雄の視点で考えると、蝶々の雄は、処女の雌と交尾したいな、と考える。 何故なら、非処女な雌はたぶんに他の雄の子を宿しているので、子孫を残すという観点からみて不利になってしまうからだ。
しかし、どうやって処女を捜すのか?
ここで、蝶々の雄はロリコンと化す。 羽化したてピチピチの雌なら、他の雄の魔手が伸びた可能性は極めて低いので、自分の子を宿してくれる可能性が高いのではないか、というわけだ。 だから雄は、幼虫や蛹の時代を過ごす、モンシロチョウなら草原、アゲハチョウなら木々の周辺を飛び回って、ロリ雌を探す。

上の記述は、擬人的に書いているが、もっと論理的に、「より多くの子孫を残せる属性が残る」という理由によって説明できる。

で、人間の場合、蝶々ほど単純でないにしても、同じように考えてみると面白い。

2000年ほど前には、人生30年だったので、ある程度若いうちに子孫を作っておく必要があっただろう。 また、既に子がある場合、その分自分の子に割かれる育児リソースが減るため、子孫の生存率の観点からみて好ましくない。 更に、こうした風潮下において、年増子無しは不妊症やら何やらの地雷率が高いだろうし、やはり好ましくない。 ある程度若くても、いわゆる肉便×で子無しの場合、やはり不妊かも知れない。 また、まだ腹が目立たなくても、既に妊娠している可能性も無きにしも非ず。

これらは、生殖効率からのみ考えたものなので、道徳的にどうだとか、好みは人それぞれだという批判は的外れ。 不妊好きや子持ち好きは居ただろうが、相対的に不利なので、滅びゆく……そしてロリコン処女崇拝者が残るという、それだけのことだ(あくまで、今回挙げた例の上では。他にも樣々な利点欠点があるだろうし、それによって、ロリコンとは相反する様々の趣向についても説明可能かも知れない)。
もちろん現代では人生70~80、様々の技術が発展していて、上の考えそのものは当てはまらない。 けれども、進化というのは長い時間をかけてじわじわと起こるものなので、激動の2000年間に即座に適応出来るわけがないので、仕方がないのだろう。